2008年05月02日

いいFX業者の選び方

いいFX業者の選び方とは?


いい忘れましたが、スワップ派ですので、スワップ派にとっての
いい業者とは?


○ 金融庁に登録している。(当然ですが)


○ つぶれない

  ちゃんとお金を返してくれる。

      ↓

  信託保全されている。
  (※していない業者、サービスによってはしていない業者も
    あります。)

  私の預けているFX業者も、信託保全していないサービスを
  やっている業者もいます。
  預けた頃もなんとなく不安でやめたのですが、今となっては
  さらに不安度が増してしまいました。
 
○ レバレッジが高い

  レバレッジが高いと危険と思われがちですが、レバレッジが
  高い業者のほうが、レバレッジの低い業者よりロスカット値
  が低く、ギリギリまで耐えられると考えると、資金が有効活用
  できます。

  例えばの話、150万円を持っていたとしたら、
  同じロスカットのレートでも、

  レバレッジの高い業者なら30万で1通貨を買えるので
  5万通貨持てる
      
  レバレッジの低い業者なら25万で1通貨を買えるので
  4万通貨持てる

  もらえるスワップの金額が変わってきます。

   
○ スワップ金利が高い

  これは、高いに越した事はありませんが、個人でやる場合、
  税金の問題がありますので、以下がかかわってきます。

○ スワップ金利にいつ税金がかかるか?

  スワップ金利がついても、含み損がある場合、税申告しなくても
  いい業者の場合は、含み損が出ている場合は税金がとられませ
  ん。

  値洗い方式の場合、スワップ金利がよくても毎日売買するため
  強制的に利益とみなされますので、個人の方には不向きかと。
 


○ スプレッドが少ない

  買ったときと、売るときにはスプレッドといって、手数料を
  とられます。売るときと、買うときではレートが違って
  この差が、業者の儲けになります。

  できるだけスプレッドが少ない業者のほうがいいですが、
  スワップ派で長く持つ場合は、スワップ金利で逆転される
  場合が多いので、まずスワップ金利を見て、スプレッドは
  二の次でいいと思います。


以上、上から重要度が高いかなと考えていますが、いかがでしょうか。

特に税金の面では、業者に取引記録の提出を義務付けることに
なりましたので、ごまかしは効きません。

私が、会社を設立したのも税金の面が大きかったですね。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ
posted by ライダーパワー at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコリラ取扱いFX業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95438079

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。