2008年05月05日

最大で60万通貨持ってたかも。

2007年7月からトルコリラを買い始めて、レバレッジを
効かせすぎて29万通貨をロスカット。


その後、2007年7月終わりからまたトルコリラ25万通貨を買いなおした
後に、2007年8月のショッキングな相場にぶち当たります。

ここで、全部飛ばすよりはと、ロスカットにかかる前に11万通貨を
売って、−120万の損が確定。

その時は、NZドルもやっていましたので、ちょっと計算したくない
ですが、−300万ぐらい飛ばしたんではないでしょうか。

結果として、売った直後に相場は、切り返して急上昇するのですが。


このとき実は、いくらになったらロスカットになるときちんと計算
していなかったので、漠然とした不安で損切りしていました。

また、レバレッジも効かせすぎていました。


その後は、上がり続けてなかなか手が出ずに高いところで4万通貨
を買いました。


たらればですが、

○ きちんとしたレバレッジで

○ ロスカットの管理もできていて

○ 知識も豊富だったら


いまでは、トルコリラ60万通貨を持っていたかもしれません。

計算すると、1日のスワップ金利が、22,200円です。
毎月のスワップ金利が、66万6千円
毎年のスワップ金利が、799万2千円です。


思えば、そのころは知識レベルが60%ぐらいだったのかなと。

これが、今ぐらいであれば。


皆さん、同じような経験をしているようで


8月17日に暴落する直前に

2007年8月12日に
「トルコリラに人生をかけるとリニューアルされた方のブログ」


が、暴落した8月17日には、
「酷い」

最大、70万通貨もたれていたようです。
(※ 2008年8月23日以降ブログの更新はとまっています。)

トルコリラやろうかなと、興味を持った方は、
くれぐれも、最初は軽く始めて、その後は、じっくり取り組んで
ポジション増やされてください。
常に追加のトルコリラ買えるだけの余裕の現金を持っていて、
下落の場面で「よし、チャンスだ!」と買えるだけの余裕です。




軽く始めたほうがいいのは、自分の金がかかってないと
絶対に真剣にならないからです。

(真剣に調べようとしないし、取り組まない。)






私の好きな言葉です。

南アフリカランドとトルコリラを買い続けるFXブログ
ときどきアイスランドクローナとメキシコペソ(^_^;)


さんからの転載です。


 人間は5%の人しか成功できない。

なぜなら

・自分のお金がかかっていたとしても、人は異常に面倒くさがりで
 ある。

・楽に手っ取り早く儲けたいと思っている。

・地味なことをコツコツと続けられる人間は少ない。

・自分で調べ、そして考えることを避けたがる。

・知識を得て良い結果を手に入れるよりも、適当にやって悪い結果を
 手に入れることを好む。

・努力することを避け、一時の快楽を求める。

・実は本気で「成功したい!」なんて、ごくごく一部の人間しか思っ
 ていない。からである。

 「高田智也」先生


そんなトルコリラに取り付かれた人たちのことを
もっと知りたいなら
↓ をクリックするとどっさり出てきます。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ










posted by ライダーパワー at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95494957

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。