2008年05月04日

FXと経費 FXと経費

昨日、会社設立してのFXスワップ運用には、
個人より2つの利点があるとしました。


○ 損失が繰り越せる。

○ 経費が個人事業主より認められる。




わかりやすいので、モデルケースとして具体的に数字を出して
みます。


※ あと、法人にした場合のランニングコストを後日書きますが、
絶対にかかる経費は、年間で法人住民税の7万円のみです。

法人税、経費など毎年変わる部分が多いので、インターネットで
情報を探すのも一苦労です。
おっ、と思ってみると、おととしの情報だったりします。



○ モデルケース

360万円をトルコリラに投資。主な収益はスワップ金利。

360万円で、12万トルコリラを持つ。


スワップ金利(2008年5月4日現在)1万通貨で、1日370円

年間のスワップ金利合計

1日あたりのスワップ(370円/1万通貨) × 12万通貨 ×365日

=1,620,600円


リスク 現状のレート 83円で全ポジションを持った場合、
    約30円下がるとロスカット。 53円まで下がると360万が
    ほぼ0円になります。

一月当たりの利益 135,050円 

あまり、ポジション自体を増やさずに、このままそこそこの
利益をもらい続ける。
個人なら、年収が162万円増えることになり、税金が増えます。


経費の面

まず、必ずかかる経費として、法人住民税が、毎年7万円かかります。
※ もちろん利益が出れば、それ以上にとられます。

パートに出ている奥様がいるなら、パートをやめてもらって、
設立した会社の主業務を一切やってもらうのはどうでしょうか。

奥様が、年間100万円以内の収入なら、ご主人の扶養となり
ご主人は扶養控除を得られ、奥様の住民税、所得税、社会保険料
などはかかりません。
※ 今のところです。毎年、扶養控除はやめる、やめないといって
  いますので、今後はわかりません。


たぶん、今のパートより仕事は楽ですし、時間の自由も効きます。
これで、162万円のうち100万円を経費として申告できます。

1年に1度くらいは、社員旅行へ。
海外旅行も、確か3泊5日まででしたら、認められるはずです。
社員の何分のいくつ以上の参加が必要と規定があるはずですが、
ご主人が社長で、奥様だけが従業員なら100%参加ですから
大丈夫なはずです。


部屋の1部を業務として使っているなら、会社から家賃を取れます。
光熱費、インターネットプロバイダー料なども会社から、負担分を
請求できます。

パソコンも、業務に必要なら購入しても経費として認められます。
(※ ほぼ毎年変わりますが、一括で経費として落とせる金額が
   決まっています。)

などなど。


もし、入ってくる金額に対して、全額経費で使ってしまうのなら
税金は、法人住民税が、毎年7万円だけです。
(月に約5833円。)


設立の際にかかる経費は、

私の場合、

登録免許印紙税の印紙代と行政書士の手数料で 235,650円
法人の印鑑代 9,300円
FX口座開設の際の印紙代 4,000円

の248,950円でした。


重要 注意点を2つほど

私のブログに限りませんが、あくまでこのようにすれば絶対に
大丈夫ということはありません。

モデルケースにしても、約30円以上下がってしまったら、360万は、
0円になってしまいます。
もし、下がらないとわかっているのなら、私なら全財産を投資して、
さらに借金してもトルコリラを持ちます。
そうしないのは、やはりリスクがあると考えているからです。

私のよく見ていたブログでも、事情はわかりませんが、管理人
さんが、更新をしなくなってしまい、コメント欄が荒れています。
その管理人さんも決して、ご自分の投資方法を皆さんに勧める
ような書き方ではなかったにもかかわらず、コメント欄には管理人
さんにも責任があるような批判的なコメントもあります。

すべては、皆さんが判断して、やるならやる。やらないならやらないと決めてください。


また、税に関しても、私は専門家でも何でもありません。
「ブログでこんなことを書いている人がいたんですが、
 本当ですか。」

と、必ず、税理士などの専門家の判断を聞いて、皆さんが判断して、
やるならやる。やらないならやらないと決めてください。

少なくともわたしは、そのようにして会社設立を決めました。



私の好きな言葉です。

南アフリカランドとトルコリラを買い続けるFXブログ
ときどきアイスランドクローナとメキシコペソ(^_^;)


さんからの転載です。


 人間は5%の人しか成功できない。

なぜなら

・自分のお金がかかっていたとしても、人は異常に面倒くさがりで
 ある。

・楽に手っ取り早く儲けたいと思っている。

・地味なことをコツコツと続けられる人間は少ない。

・自分で調べ、そして考えることを避けたがる。

・知識を得て良い結果を手に入れるよりも、適当にやって悪い結果を
 手に入れることを好む。

・努力することを避け、一時の快楽を求める。

・実は本気で「成功したい!」なんて、ごくごく一部の人間しか思っ
 ていない。からである。

 「高田智也」先生


そんなトルコリラに取り付かれた人たちのことを
もっと知りたいなら
↓ をクリックするとどっさり出てきます。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

















posted by ライダーパワー at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。