2008年05月07日

アイスランドクローナ、南アフリカランド

なぜ、アイスランドクローナ、とか南アフリカランドではなく
トルコリラでスワップ狙いかというと、

単純にスワップが高く、資金効率がよかったからです。


まあ、詳しく分析するなら、国のリスクとか見なきゃいけないんです
が、

トルコ、南アフリカでは、どちらがリスクが高いかは判別できなかっ
たので、スワップの高いトルコリラにしたという単純な理由です。

※ そのころは、アイスランドクローナを扱っている業者は少なかっ
  たように思います。

国的には、アイスランドが一番紛争などもなく、落ち着いているのかなと思っていました。

が、現在、政策金利が一番高いのにもかかわらず、今は、スワップがつかない状態、またはマイナススワップの状態です。

市場が狭いため、政策金利をあげたとたんにどーと、資金が入った
が、資金需要がないためスワップのつけようがないとか、

信用収縮、デフォルトの可能性とかいろいろ言われております。


基本的には、政策金利が上がれば、スワップ金利も上がるはずなので
すが。それだけでは、スワップ金利は決まらないようです。


それでは、NZドル、オーストラリアドルのほうが安心では?

と考える方も多いと思います。私も始めたころは、NZドルでした。
しかし、トルコリラの金利は、NZドルの倍以上ありましたし、結局
2007年8月の暴落時には、NZドルがロスカットを食らいました。

NZドルだから、なんとなく安心と思って、レバレッジを高く設定して
いたためです。

それからは、トルコリラ1本です。

下落の幅を考えると、NZドルでも、オーストラリアドルでも
30円ぐらい落ちるかもと思っていますので、30万円で1万通貨しか
買えません。


1万通貨もって、もらえるスワップは?

NZドル        166円/円

オーストラリアドル  164円/円

トルコリラ      370円/円

2008年5月5日現在 スワップの金額は業者によって異なります。
 


そんなトルコリラに取り付かれた人たちのことを
もっと知りたいなら
↓ をクリックするとどっさり出てきます。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ






posted by ライダーパワー at 20:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

お勧めのFX会社!特徴比較
Excerpt: ★お勧め! ヒロセ FX レバレッジ最大500倍超! 高スワップ、低スプレッド!
Weblog: 株とFXに挑戦!
Tracked: 2008-05-10 15:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。