2008年05月14日

FXとトルコリラと税金

FXをやっている方で、スワップ派なら、トルコリラを
知らない人はいないんではないでしょうか。

そんなトルコリラに取り付かれた人たちのことを
もっと知りたいなら
    ↓      をクリックするとどっさり出てきます。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

いま、政策金利が一番高い国といえば、アイスランドですが、
市場規模が小さすぎて、スワップ金利はマイナスとなっているようです。
※ アイスランドクローナを買い(ロング)ポジションで
  持っていても、通常は金利をもらえるところが、払わなくては
  ならない状態です。

トルコリラにはまる理由は、複利計算です。

以前、計算しましたが、420万円を持っていれば、10年後には、
計算上1億3706万2800円が、毎年入ってくる計算でした。

※10年後に、スワップ金利でトルコリラを買いますのを止めた
 場合。
 


もちろん、リスクはあります。


○ スワップ金利が下がる。
  業者的な要素か、政策金利が日本が上がったり、トルコが
  下がることは、十分考えられます。

○ ロスカットを食らう。
  暴落して、30円以上下がり、投資額がはした金になってしまう。

○ トルコがデフォルトになる。



そして、なによりこの複利計算を、常に邪魔するのが、



税金です。


個人の場合、FXの収益は、スワップ金利、売買益も含めて
最大で50%の税金がかかります。
※くりっく365を除く。 くりっく365は残念ながら、
 トルコリラの取り扱いがありません。


課税所得が、1800万を超えてからですが、

例えば、スワップ金利が370円だったとしても、
税金50%ととすると、スワップ金利は、185円になってしまいます。

法人にすると、最低で、30.8%、最大で44.88%の法人税が
かかります。

(そこから、給料を社長としてとった場合、さらに個人に所得税
 がかかります。)


個人でサラリーマンなら、FXの収益は雑所得として、自分の給料と
合算され、最大、50%税金をとられてしまいます。

法人でも最大で44.88%の税金を取られます。

1年後の利益に対して税金を取られるので、スワップ金利もはじめ
から、その分を引いて、買い増そうと考えたほうが、後々困らない
と思います。

※ 最悪、税金を納めるために証拠金を切り崩して、ロスカットに
  なってしまうという事態もありえます。

370円のスワップ金利がもらえる場合、法人なら税金分の45%を
あらかじめ引いてしまい、203円しかもらえないとして、買い増す
のがわかりやすいと思います。




370円のスワップ金利の場合、税金をまったく考えないと、

420万円初期投資

まず14ポジション(万トルコリラ)持って、スワップ金利が30万円
貯まるごとに1ポジション追加する。

※ 買ったときのレートから、約30円下がったらロスカットに
  なってしまいます。
  その後は、スワップ金利ももらえませんし、はした金が
  残ります。

1年後には
   21万トルコリラを持っていて 毎月 233100円のスワップ金利
2年後には
    34万トルコリラを持っていて 毎月 377400円のスワップ金利
5年後には
    124万トルコリラを持っていて 毎月 1376400円のスワップ金利
10年後には
   1029万トルコリラを持っていて 毎月11421900円のスワップ金利


10年後には、1か月1142万1900円のスワップ金利が入ってきます。
1年間で1億3706万2800円のスワップ金利が入ってきます。

※ 10年後にスワップ金利で、ポジションを買い増すのを
  止めた場合。



しかし、複利マジックの敵、税金を加味すると、


370円のスワップ金利の場合、法人税率を45%とすると
(※ 本来段階的に税率は上がりますが、最も厳しく
   シュミレーションしてみます。)



420万円初期投資

まず14ポジション(万トルコリラ)持って、スワップ金利が30万円
貯まるごとに1ポジション追加する。

※ 買ったときのレートから、約30円下がったらロスカットに
  なってしまいます。
  その後は、スワップ金利ももらえませんし、はした金が
  残ります。

スワップ金利を370円とすると、はじめから法人税45%を
引いた203円しかたまらないとして計算します。


1年後には
   17万トルコリラを持っていて 毎月 103530円のスワップ金利
2年後には
    21万トルコリラを持っていて 毎月 127890円のスワップ金利
5年後には
    44万トルコリラを持っていて 毎月 267960円のスワップ金利
10年後には
   143万トルコリラを持っていて 毎月 870870円のスワップ金利

10年後には、1ヵ月87万870円のスワップ金利が入ってきます。
1年間で1045万440円のスワップ金利が入ってきます。

※ 10年後にスワップ金利で、ポジションを買い増すのを
  止めた場合。

税金をまったく考えなければ、
10年後には、1か月1142万1900円、1年間で1億3706万2800円の
スワップ金利が入ってくるはずですから、いかに税金が、複利の
邪魔をするかが、わかると思います。

個人で50%の税金を取られるとしたらなんて、もう計算したく
ありません。

税金分を考えて、会社設立をした意味をわかっていただけたで
しょうか。

さらに、法人にすれば個人に比べてさまざまな経費が認められます。
そんなトルコリラに取り付かれた人たちのことを
もっと知りたいなら
    ↓      をクリックするとどっさり出てきます。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ
posted by ライダーパワー at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96736868

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。