2008年05月16日

370円から300円に↓トルコリラのスワップ

トルコ中銀が政策金利を0.5%引き上げ、追加利上げも示唆

そんなトルコリラに取り付かれた人たちのことを
もっと知りたいなら
    ↓      をクリックするとどっさり出てきます。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ

2008年5月15日 政策金利を15.25%から15.75%に引き上げたとこことです。


基本的には、トルコの政策金利が上がれば、トルコリラ/円の
買い(ロング)のスワップは上がるはずなのですが。

つい最近、私の使っているFX業者の中で一番スワップが高かった
(高く維持してきた?)業者が、370円から300円にスワップ金利を
下げてきました。


それでも、そのほかの業者は300円にいっていないんで、1番高い
には、変わりがないのですが。


政策金利が上がったことで、これからスワップ金利は戻すので
しょうか?

アイスランドクローナの例を見ても単純には行かないような
気がします。


今、利用している3つのFX業者のうちの1つは、以前はスワップ金利が
高かったので利用し始めたのですが、今はそこそこのスワップ金利の
業者があります。(現在270円)

もちろん商売ですから、お客様を引き付けるために、一時期だけ
高いスワップを維持することもありかなとは思います。

その頃のレートが98円前後だったので、当然今は含み損。
スワップ金利でそこを埋めようとしているのですが、相場が90円台に
乗らなければ、利益が出始めるのが来年以降になってしまいます。
※ もちろん相場が下がれば、ずーと後になる可能性もあります。

長い目で見る様にしているのですが、やはりポジションを持つときの
業者の選定や、一度にポジションを持ちすぎないことは大事ですね。


(その頃は、100円を突破するのでは。という見方が多かったんで 
 す。)

ドルコスト平均法を使って、平均値を取っていく方法が一番
いいのかなと感じています。

そんなトルコリラに取り付かれた人たちのことを
もっと知りたいなら
    ↓      をクリックするとどっさり出てきます。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ
posted by ライダーパワー at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。